忍者ブログ

きちょうのつぶやき

RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[10/28 ナルト]
[10/28 ナルト]
[10/22 べジータ]
[10/16 元ISEKIのKUBOTA]
[10/08 ォイラ]
[10/06 べジータ]
[09/24 ぴぴぴのぴ]
[09/23 なぉ]
[09/18 ォイラ]
[09/18 ま~ちゃん]

2017/06/25
23:04
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2004/11/02
22:23
ぶぁっかじゃねぇの?

今日の夜に、じじの妹が赤ちゃんの顔見にやってきた。

ようするにパパちゃんのおばさんなんだけどもね。



お産明けでパパちゃんの妹がうちに帰ってきているが、よく寝る子みたいで全く居る気がしないのだよ。

つうか、私は日中事務のパートに行っているので判らないけど、飯ん時と恐らく沐浴する時ぐらいしか部屋からでてこない状態みたい。私が思うに、せっかく人のいる実家にきているのに、人馴れさせてあげた方がいいんだよな。あまりマニュアル通りに育児していると、いきずまった時に、それこそ育児脳ローゼになりやすくなる人が多いんだわ。

自分が赤ちゃん育ててから何年も経っているけど、うちがあまり暖かくないってのもあるんだが、沐浴ってのは流しで入れているっぽい。なんだかご飯と一緒になっているみたいで、嫌な感じがするんだよね。風呂は風呂でいれるべきかなーと。



つうか、なんで親がいるのにちゃんと言ってあげないのか。

っていうよりも、パパちゃんのかーちゃんは数年前に脳梗塞になってしまい、それがきっかけとなって私ら長男夫婦が自主的に家に入り現在に至るんだけど、ほんと病気してからかーちゃん変になった気がするんだわ。

本当はそういう気質を持っていたのかもしれないけど、こればっかりは一緒に住んでいる家族だからこそ判る話でもあるのだ。人当たりはいいほうなので他人やらにはあまり気がつかないと思うけど、やっぱりおかしい(^-^;

自分の意見がないつーか、じじが絶対だから仮に間違ってることでも正当化するし、言われた事のみしかやらない。だからといって、息子であるパパに言われるとやはり息子と母親だと感じるのか、明らかにじじに対する態度とは異なる。

結果からいうと、自分のことだけで精一杯で、でもじじには今までの経過があるので絶対だし、なんの為に家族になっているのかわからなくなってしまうのだ。

今回の妹のことだってそうだが、

ま、時代も変わればわからないけども、親としてもっと言ってあげることってのは沢山あるはずなんだよな。まさに放任主義。 私も自分の子育てには疑問に思うことはあるけども、第三者からみればこそ気がつくってこともあるんだな。実際、妹にはもっともっと家族とのふれあいを持ってほしいと願います。



妹が帰ってくるまえに、実は色んな事が耐えられなくなってきていて、いつになく風邪で寝込んだのと同時におかしくなってしまっていた。なんといっても我が家は人の出入りの激しいうちで、まず同居した時には妹が独身だったのもあり一緒にいて、いきなりというか自分なりの考えもあったのだろうが一人暮らしをはじめて時期に結婚して。それと同時に、今度は弟がこっちに転職して我が家に帰ってきて、んで月日が流れて札幌に引越しして、いい人とめぐり合えた縁があったので来年早々には結婚式。やれやれと思う暇もなく、今度はぱぱちゃんの母親の母親(要するに孫ばーちゃん)が同居。いつまでたっても6人体制は変わりなく、いつまでたっても飯炊きばば。おまけに本家ってこともあり、節目節目にはどっと人が集まる昔ながらの家なのです。はり本家の嫁という責任感からなのか、でもきてくれる人に対してはきちんとしてあげたいし、しかもいい人ばかりなので、自分が持っている能力以上の事をやってのけます。つうか、これがまたできちゃんだなぁ。人間やる気の問題で、それこそここぞって時にはまじで寝ないでもやります(ばかだな) 

私が何でもやりすぎてしまうのもあり、現実には私が昼間仕事いって働いてるにもかかわらず、やれやれと帰宅してもおかずのひとつできているわけでもない。できないのとやらないのでは全然訳がちまいます。ほんとにできないなりにも、それりの気遣いがわかるならまだしも、何かにつけて言い訳だけでその言い訳が耐えられない。

なまずるいっちゅうの。

これだけは、長くかかわっていった時にこそわかるってもんだ。私もはじめはよかったのだ。今でも決して仲が悪いって訳ではないけど、なんともやりきれない場面があるのでどうしようもない。自分がそう思うってことは、きっと相手も感じることだとも思うんだな。自分が思っているってことは、相手にも伝わる話なのでね。なんぼなんでも言える自分がいても、実際には我慢してしまうお人よしになってしまうのだ。恐らくこれは一生の課題になるでしょう。いよいよって時には、いつでも出て行く覚悟はできているので、ぎりぎりまで頑張るつもりではいます。歳とともに、性格悪くなっていく自分に自己嫌悪です。

あくまでも、第三者の目から見たら私が考えていることは微妙に違うんかもしれないけどさ(笑)





ネックはばばってことにかわりはありません。

誰しも悩みってもんはあるものなので、私に課せられた課題だ。一生かけて解決していこうと思います。





考えすぎかなーどう思います?


PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら